函館観光スポット | 大盛りサーファーのデカ盛り大食い日記
Sponsored Link

2013/10/06

函館名物モーモータクシーはウシの模様のデザインが可愛い♪函館観光やGRAYの足跡満喫コースも充実

GRAYファンも必見!函館観光にモーモータクシー001
大盛りサーファーが
函館に来て
食べ歩きスポットや
色んな観光スポットを訪れてみて
気になったモノがあるので
ここでちょっと紹介したいと思います。
…赤レンガ倉庫のあるベイエリアや


GRAYファンも必見!函館観光にモーモータクシー002
復元された箱館奉行所のある
五稜郭公園…。


GRAYファンも必見!函館観光にモーモータクシー003
津軽海峡の向うに
青森県の下北半島を
望むことができる立待岬など。
何箇所か観光スポットを訪れて
その途中で必ずといっていいほど…


GRAYファンも必見!函館観光にモーモータクシー004
ご覧の様な
ウシの模様の様な柄の
タクシーを見かけまくります。


GRAYファンも必見!函館観光にモーモータクシー005
なかには
こんな迷彩柄のウシ模様のタクシーも
見かけました。

「なんだこのタクシーは?」と気になって
思わずタクシーの運転手さんに
「このウシ柄のタクシーは
函館のタクシー会社なんですか?」
って聞いてみたら
函館のタクシー会社との事。

「本社はどこにあるんですか?」
と伺ったところ・・
函館市電の走っている
国道279号線(海峡通り)沿いに
ありますと教えていただきました。
(運転手さんありがとうございました)

これは
ちょっと見てみたいと思いまして…


GRAYファンも必見!函館観光にモーモータクシー006
ウシ柄のタクシー会社の
本社にやって来ました!

入口には
「Hey!タクシー」という
親近感の湧くキャッチコピー。
どうやらこのタクシー会社
函館名物らしい。


GRAYファンも必見!函館観光にモーモータクシー007
従業員の方に
写真撮影いいですかと
伺ったところ快くOKをいただきました。
本社の建物も
やっぱりウシ柄!


GRAYファンも必見!函館観光にモーモータクシー008
このタクシー会社の名前は
「MOOMOO-TAXI
モーモータクシーの愛称で
親しまれているタクシー会社。


GRAYファンも必見!函館観光にモーモータクシー009
モーモータクシー専用の
モータープール(駐車場)があります。


GRAYファンも必見!函館観光にモーモータクシー010
ウシ柄のタクシーが
いっぱい並んでます。


GRAYファンも必見!函館観光にモーモータクシー011
こんなタクシーに乗って
函館観光したら
気分も更にウキウキ気分になるかも。


GRAYファンも必見!函館観光にモーモータクシー012
ウシ柄の模様は
色んな色があります。
(全部で何色あるのかな…?)


GRAYファンも必見!函館観光にモーモータクシー013
モーモータクシーのパンフレット
やっぱりウシ柄デザイン。
このパンフレットは
函館市内のホテルなどに
配布されています。


GRAYファンも必見!函館観光にモーモータクシー014
噂の牛柄タクシーに
乗りませんか?
初乗料金:640円


GRAYファンも必見!函館観光にモーモータクシー015
車種は
小型車・中型車の他に
ワンボックスタイプも
あるみたい。


GRAYファンも必見!函館観光にモーモータクシー016
パンフレットの裏表紙が
ウシのしっぽになってて
かわいいデザイン…。


GRAYファンも必見!函館観光にモーモータクシー017
モーモータクシーには
いろんな観光コースの
料金プランがあります。


GRAYファンも必見!函館観光にモーモータクシー018
MOONETスペシャルコース
モーネットスペシャルコース
(所要時間 約3時間)

函館市内中心部→立待岬→函館山→ハリストス聖教会
→函館聖ヨハネ教会→カトリック教会→旧函館区公会堂→
金森倉庫→BAYはこだて→はこだて明治館→五稜郭公園
→トラピスチヌ修道院→市内中心部
運賃:12,930円(小型車)~

夜景コース
(所要時間 約1.5時間)

市内中心部→函館山→ハリストス聖教会→函館聖ヨハネ教会
→カトリック教会→旧函館区公会堂→旧桟橋→金森倉庫→
BAYはこだて→はこだて明治館→市内中心部
運賃:5,970円(小型車)~

GRAYファンも必見!函館観光にモーモータクシー019
その他、選べるコースがたくさん!

・オリジナルコースA
(所要時間 約3時間)
運賃:15,900円

・オリジナルコースB
(所要時間 約4時間)
運賃:15,900円

・オリジナルコースC
(所要時間 約6時間)
運賃:15,900円

・ロマンチックJAZZクルーズ
(所要時間約1時間)
運賃:15,900円

モーモータクシーには
JAZZタクシーなんてのもあるみたいで
自慢のカーオーディオセットで
ゆったりJAZZを聞きながらの
ドライブクルージングが楽しめます。
それがロマンチックJAZZクルーズ。


GRAYファンも必見!函館観光にモーモータクシー020
函館といえばGRAYの出身地。
GRAYメンバーの
足跡探しのコースも充実。
モーモータクシーオリジナル

GRAY観光コース。
(GRAYファンには嬉しいコースプラン)

GRAYファンも必見!函館観光にモーモータクシー021
GRAYの足跡満喫コース
(所要時間 約5時間)
運賃:小型車26,500円 ジャンボ37,700円

(ジャンボって、多分ワンボックスタイプの車でしょうか?)

GRAYファンも必見!函館観光にモーモータクシー022
GRAYの足跡HOTコース
(所要時間 約3時間)
運賃:小型車15,900円 ジャンボ22,620円


GRAYファンも必見!函館観光にモーモータクシー023
MOOMOO-TAXIの3つの特徴
・9人乗りのワンボックスタイプのタクシー
・全車にドライブレコーダー装備
・エアポートリムジン対応


GRAYファンも必見!函館観光にモーモータクシー024
モーモータクシーは
函館が本社だけど
札幌・苫小牧・旭川・阿寒
北海道全土にドライバー拠点があるみたい。
それがMOONET(モーネット)


GRAYファンも必見!函館観光にモーモータクシー025
モーモータクシー
函館や北海道の観光が
楽しくなりそうなタクシー会社です。

追伸
函館の地元の人(函館朝市)に聞いたんですが
モーモータクシーのクラクション
通常のクラクションの他に
牛の鳴き声みたいに
「モ~♪」って鳴らす事も出来るらしい…。

本当なのかな…?
函館の都市伝説?
ウシの鳴き声のクラクション
ぜひ聞いてみたい。


【有限会社北海道・函館MOOMOO-TAXI】
モーモータクシーホームページ
■本社住所:北海道函館市豊川町22番地19号 地図
■電話番号:0138-22-5566
■営業時間:24時間
■定休日 :年中無休
2013/10/04

函館の谷地頭停留所から徒歩15分!下北半島まで見渡せる立待岬

函館観光谷地頭停留所住吉町の立待岬001
朝市食堂ニ番館
ワンコイン500円丼と
新鮮な活イカ刺しを食べて


函館観光谷地頭停留所住吉町の立待岬002
ちょっと穴場的な寿司屋
シゲちゃんすし」で
これまた500円の
握り寿司ランチ「寿司盛り」を
いただきまして。


函館観光谷地頭停留所住吉町の立待岬003
更にその帰りの途中で
ふらっと入ったたい焼き屋さん
屯珍館/とんちんかん」で
自分好みのたい焼きに出会い…


函館観光谷地頭停留所住吉町の立待岬004
せっかく訪れたので
ちょっと函館観光もしようかなって事で
市電に乗ってやって来た
終点の停留所。


函館観光谷地頭停留所住吉町の立待岬005
停留所の名前は「谷地頭
"やちがしら"って読みます。


函館観光谷地頭停留所住吉町の立待岬006
谷地頭停留所で市電を降りたら
山側の方に歩いていきます。
前に見える山の左側の先端部分まで
歩いていきます。
歩くと15分~20分くらいあります。


函館観光谷地頭停留所住吉町の立待岬007
電柱の案内看板。
立待岬まで0.8km
そんなに距離は無いけど
ずっと登り坂なので
ちょっとしんどいかも。
(途中に啄木一族のお墓もあります)


函館観光谷地頭停留所住吉町の立待岬008
停留所から
たらたらと歩くこと約20分。
ようやく「立待岬」に着きました!


函館観光谷地頭停留所住吉町の立待岬009
立待岬(たちまちみさき)の石碑の向う側に
うっすらと見えるのが
青森県の下北半島でしょうか?


函館観光谷地頭停留所住吉町の立待岬010
立待岬の立て看板
書いてある内容は
この地名は、
アイヌ語のヨコウシ

(待ち伏せをするところ、ここで魚を獲ろうと立って待つという意味らしい)

函館観光谷地頭停留所住吉町の立待岬011
立待岬から
津軽海峡を見渡す…。
水平線が丸くなってるのがわかります。


函館観光谷地頭停留所住吉町の立待岬012
水平線の向うに
うっすらと陸地が見えます。
あれが下北半島でしょう。


函館観光谷地頭停留所住吉町の立待岬013
立待岬の立て看板あたりから
下を覗くとこんな景色。
岬から断崖絶壁がず~っと続いています。


函館観光谷地頭停留所住吉町の立待岬014
その断崖絶壁から
そびえる山全体が
函館山に繋がっています。


函館観光谷地頭停留所住吉町の立待岬015
立待岬の先端から
ちょっと離れた場所からの眺め。
遠くに見える市街地は
函館市内です。


函館観光谷地頭停留所住吉町の立待岬016
その景色から
右に少しずつパーンしていくと…
遠くに見えるのは
亀田半島の先端部。
その向こうに恵山があるんでしょうね。


函館観光谷地頭停留所住吉町の立待岬017
更に右にパーンしていくと
右端に見えてきたのは
おそらく下北半島。


函館観光谷地頭停留所住吉町の立待岬018
さらに右にパーンすると
立待岬の展望台。
その向こうには下北半島が見えます。
その先端はマグロで有名な大間町。

さて、
立待岬の景観も堪能し
そろそろお腹も空いてきたので
戻りましょうか。
帰りは下り坂なので
いくらか気分は楽です。


函館観光谷地頭停留所住吉町の立待岬019
市電の停留所
谷地頭」から…

今度はどこに行こうかな♪

【立待岬/たちまちみさき】
■所在地:北海道函館市住吉町 立待岬 地図
■アクセス:市電谷地頭停留所から徒歩約15分
2013/09/28

五稜郭タワー五稜郭公園お堀をグルッと1周し函館デカ盛り店へ

函館観光五稜郭タワー五稜郭公園デカ盛りの聖地001
函館朝市の
どんぶり横丁市場内で
朝食を食べたあと


函館観光五稜郭タワー五稜郭公園デカ盛りの聖地002
函館の市電に乗って
大盛りサーファーが
次に移動した先は…。


函館観光五稜郭タワー五稜郭公園デカ盛りの聖地003
みんさんご存知
函館の超有名観光スポット

五稜郭にやってきました!
目の前にそびえるのは五稜郭タワー
下から見上げると
けっこう高いですよね。


函館観光五稜郭タワー五稜郭公園デカ盛りの聖地004
五稜郭タワー館内の案内図はこんな感じ。
一番上までの高さは107メートル。
展望台の2階部分の高さは90メートル。
意外と高さがあります。


函館観光五稜郭タワー五稜郭公園デカ盛りの聖地005
館内には
五稜郭タワーの他に
日本のタワーが全部紹介されています。

五稜郭タワーに乗ろうと思ったのですが
団体さんがたくさんいたので
ちょっと遠慮しちゃいました…。


駐車場に大型バスが何台も
停まっているのを見て
函館って
日本を代表する観光地なんだな~って
改めて思う…。

函館観光五稜郭タワー五稜郭公園デカ盛りの聖地006
そのかわり
大盛りサーファーは
五稜郭公園のまわりを
グルッと歩いて1周しながら
散策してみたいと思います。
特に五稜郭の角の部分をチェックしながら。


何故、
角の部分をチェックするんだ?
と聞かれても困るな~。
なんとなく写真を撮りたかっただけ…。

函館観光五稜郭タワー五稜郭公園デカ盛りの聖地007
ここは
星型の部分とは離れた部分にある
半月堡の先端部分です。


函館観光五稜郭タワー五稜郭公園デカ盛りの聖地008
地図でいうと
今この部分に居ますよ。


函館観光五稜郭タワー五稜郭公園デカ盛りの聖地009
更に半時計回りに
五稜郭のお堀の周りを歩いていきます。
ここは
本塁の先にある角の部分。
右手に頂きが雲に覆われた山が見えます。
たぶん、
蝦夷松山と蓬揃山ではないでしょうか。

(もし間違っていたらご指摘ください)

函館観光五稜郭タワー五稜郭公園デカ盛りの聖地010
地図でいうと今この部分です。

函館観光五稜郭タワー五稜郭公園デカ盛りの聖地011
ここは稜堡の先にある
角の部分。
ちょっと遠くの左側に
五稜郭タワーが見えます。


函館観光五稜郭タワー五稜郭公園デカ盛りの聖地012
地図でいうと今この部分にいます。

函館観光五稜郭タワー五稜郭公園デカ盛りの聖地013
ここは
五稜郭タワーから一番遠い角の部分。
木に隠れて見えにくいですが
正面に五稜郭タワーの展望台部分が
ちょっと見えてます。


函館観光五稜郭タワー五稜郭公園デカ盛りの聖地014
地図でいうと今ここです。

函館観光五稜郭タワー五稜郭公園デカ盛りの聖地015
お堀のまわりを歩いて
裏門橋の脇を通り過ぎて
ここは
小土塁の先にある
角の部分です。
右手に五稜郭タワーが見えています。


函館観光五稜郭タワー五稜郭公園デカ盛りの聖地016
地図でいうと今ここです。
もうちょっとで五稜郭を1周します。

さすがに
五稜郭の周りを一周する
観光客らしき人は
あまりみかけません…
ジョギングしてる人は結構いましたけど。


函館観光五稜郭タワー五稜郭公園デカ盛りの聖地017
ここは
低塁の先にある
角の部分。
今度は左手に
蝦夷松山と蓬揃山が見えています。


函館観光五稜郭タワー五稜郭公園デカ盛りの聖地018
地図でいうと今この部分にいます。

函館観光五稜郭タワー五稜郭公園デカ盛りの聖地019
これで五稜郭を1周!
(みなさんも五稜郭を一周した気分になったでしょうか…)

あとは一の橋から
ニの橋を渡って
箱館奉行所に行ってみましょう。


函館観光五稜郭タワー五稜郭公園デカ盛りの聖地020
ここが一の橋

函館観光五稜郭タワー五稜郭公園デカ盛りの聖地021
一の橋の先にあるこの橋が
ニの橋です。


函館観光五稜郭タワー五稜郭公園デカ盛りの聖地022
ニの橋を渡ったその先には
ちょっといい雰囲気の木のアーチ
中を歩くと涼しくて気持ちいい。


函館観光五稜郭タワー五稜郭公園デカ盛りの聖地023
その先は突然開けた敷地になり、
遠くに見える建物が
箱館奉行所です。

※ちなみに、昔は函館ではなく
 箱館と書いていたみたいです。

函館観光五稜郭タワー五稜郭公園デカ盛りの聖地024
幕末の開港地、箱館に置かれた
江戸幕府の役所です。
一度解体されたのですが
その後2010年に復元されたようです。


函館観光五稜郭タワー五稜郭公園デカ盛りの聖地025
敷地の近くには
この様な置物があります。


函館観光五稜郭タワー五稜郭公園デカ盛りの聖地026
左がブラッケリー型
(昭和36年に函館市内豊川町より発見)
右側がクルップ型
(昭和7年七里浜の工事の際に発見)


函館観光五稜郭タワー五稜郭公園デカ盛りの聖地027
ちょっと小高い土手から
箱館奉行所を見ると
けっこう眺めがいいです。
桜の季節なんか綺麗でしょうね。


函館観光五稜郭タワー五稜郭公園デカ盛りの聖地028
五稜郭・箱館奉行所を散策したら
ちょっとお腹が空いてきました。

実は…
この五稜郭の裏門橋のちょっと先には
函館のデカ盛りの聖地といわれている
知る人ぞ知るお店があります。
今からちょっと
そのお店に向かってみたいと思います。
函館のデカ盛り店、
ちょっとワクワクします♪


【五稜郭】
五稜郭タワーホームページ
■五稜郭住所:北海道函館市五稜郭町44 地図
■五稜郭タワー住所:函館市五稜郭町43-9 地図
■電話番号:0138-51-4785(五稜郭タワー)
■営業時間:4月21~10月20日:8;00~19:00
      10月21日~4月20日:9:00~19:00
      五郭星の夢期間中(冬季)9:00~19:00
■定休日 :年中無休
2013/09/24

ラッキーピエロでフトッチョバーガーを食べた後は函館観光でベイエリアから元町あたりをぶらぶら散歩

ラッキーピエロフトッチョバーガーから函館観光001
ラッキーピエロ
1日20食限定の
フトッチョバーガーを食べたあと、


ラッキーピエロフトッチョバーガーから函館観光002
腹ごなしに函館観光
ベイエリアから元町あたりを
ぶらぶらと散策してみます。


ラッキーピエロフトッチョバーガーから函館観光003
函館ベイエリアにある
地ビールレストラン函館ビール


ラッキーピエロフトッチョバーガーから函館観光004
はこだてビールの建物の壁
レンガの壁って
絵になるな~。


ラッキーピエロフトッチョバーガーから函館観光005
赤レンガの建物と
函館の運河。
港町函館ならではの景色。


ラッキーピエロフトッチョバーガーから函館観光006
ここが超有名スポット
赤レンガ倉庫群
BAYのロゴが書いてある建物が
BAYはこだて


ラッキーピエロフトッチョバーガーから函館観光007
函館は歴史ある建物が
あちこちに点在してる…。
この建物は
日本初のストーブを
復元・展示してます…。


ラッキーピエロフトッチョバーガーから函館観光008
函館明治館ここも人気のスポット。
外壁を覆うツタがトレードマーク。
う~ん、いいね~。
絵になる建物がたくさん♪


ラッキーピエロフトッチョバーガーから函館観光009
これは
なにげない普通の会社の壁
このアーチがまた
写真を撮らずにはいられない
存在感を出していた…。


ラッキーピエロフトッチョバーガーから函館観光010
函館の市電通り沿い
十字街交差点あたりの
ちょっと奥まったところに
銅像があります。


ラッキーピエロフトッチョバーガーから函館観光011
この銅像
実は「坂本龍馬」です!
坂本龍馬といったら
懐に手を入れてる印象が強いけど…
この坂本龍馬の銅像は
人差し指を立てて
右手を上げているんです!
これはちょっと珍しいと思って
写真を撮りました。


道路をはさんで向かい側には
北海道坂本龍馬記念館もあります。


ラッキーピエロフトッチョバーガーから函館観光012
函館の元町には
たくさんの坂がありますが
二十間坂から登ってみたいと思います。


ラッキーピエロフトッチョバーガーから函館観光013
坂の町、元町にはたくさんの観光スポットがあります。
門扉の向うに
函館ハリストス聖教会


ラッキーピエロフトッチョバーガーから函館観光014
函館ハリストス聖教会の
向うに見えるのは函館山。
雲に煙って頂上が見えません。
今週は天気が悪い…。
でもこういう雰囲気もまた風情がある。


ラッキーピエロフトッチョバーガーから函館観光015
旧函館区公会堂
北海道の代表的な明治洋風建築物。


ラッキーピエロフトッチョバーガーから函館観光016
旧北海道庁函館支庁庁舎
(北海道指定有形文化財)


ラッキーピエロフトッチョバーガーから函館観光017
この4人の銅像は
函館四天王


ラッキーピエロフトッチョバーガーから函館観光018
函館四天王像の紹介石碑には
銅像についての解説

銅像の向かって左側から
今井市右衛門
平田文右衛門
渡邉熊四郎
平塚時蔵…


ラッキーピエロフトッチョバーガーから函館観光019
函館四天王像のそばには
元町公園」という
展望のよい広場があります。


ラッキーピエロフトッチョバーガーから函館観光020
函館の街並みや港が一望!
ここはなかなかのポイントですよ♪
ちなみにここは
「引き出しの中のラブレター」という映画の
ロケ地にもなっています。
他にも函館って
いっぱいロケ地あるようです。


ラッキーピエロフトッチョバーガーから函館観光021
続いて
この洋風な建物は…


ラッキーピエロフトッチョバーガーから函館観光022
旧イギリス領事館
(開港記念館)


ラッキーピエロフトッチョバーガーから函館観光023
函館市旧イギリス領事館の中には

英国雑貨ショップ
クイーンズメモリー
ヴィクトリアンローズ
英国から取り寄せたアンティークな
調度品に囲まれ英国ブレンドの紅茶で
優雅なティータイム。
様式庭園
バラに囲まれた様式庭園。
ヴィクトリアン調の「あずまや」と
ブロンズの噴水が英国の雰囲気を
かもしだしています。
ガーデンウェディング
領事館を訪れる人々に祝福されて
ローズガーデンでの人前結婚式ができます。


ラッキーピエロフトッチョバーガーから函館観光024
中に英国様式のティールームもあり
ゆっくりくつろげます。


ラッキーピエロフトッチョバーガーから函館観光025
洋風の旧イギリス領事館とは
趣が変わって
こちらの建物は


ラッキーピエロフトッチョバーガーから函館観光026
明治時代の伝統的建造物
旧相馬邸
北海道屈指の豪商の館です。


ラッキーピエロフトッチョバーガーから函館観光027
奥に見える窓の眼下には
函館市と港が一望です。

(建物の中に入ったら撮影不可なので外側から撮影させていただきました)

ラッキーピエロフトッチョバーガーから函館観光028
次に訪れたのは
ちょっと離れた場所にある…


ラッキーピエロフトッチョバーガーから函館観光029
函館護国神社です。

ラッキーピエロフトッチョバーガーから函館観光030
函館護国神社は
縁むすびに後利益がある神社のようです。

という事で
大盛りサーファーと
当ブログ読者の皆さんにも
良きご縁が訪れるようにと
余計なお世話だとは思いましたが
ちょっとお願いしときました。


ラッキーピエロフトッチョバーガーから函館観光031
函館護国神社の「なでふくろう
愛嬌ある表情してて
かわいいね♪

なでふくろうっていうくらいだから
撫でるとご利益あるのかな。
と思って
「なでふくろう」をナデナデしました。

さてと、
ちょっとお腹も空いてきたかな…
元町あたりでお店を探そう。

続きを読む

Sponsored Link