コンテナキッチン | 大盛りサーファーのデカ盛り大食い日記
Sponsored Link

2014/09/01

館山ランチでコンテナキッチン豚丼大盛り味噌汁・小鉢付♪メガ盛り注意

館山ランチコンテナキッチンで豚丼大盛り028
タレの照り具合も最高!
艶々で大きなサイズの豚肉が
てんこ盛り状態の豚丼です!


館山ランチコンテナキッチンで豚丼大盛り029
前回詳しく紹介しましたが
南房総エリア館山に新しいランチスポットが誕生していました。
館山バイパス沿いの「コンテナキッチン

その名の通り、
コンテナの外観をした飲食施設です。
大盛りサーファー
南房総でのサーフィンがてら
ランチに寄ってみました。


館山ランチコンテナキッチンで豚丼大盛り030
コンテナキッチンは
複数の飲食店が集まった複合飲食施設で
ちょっとしたフードコートみたいな感じです。
その中の、
このビニールハウス的な建物に入ってみます。


館山ランチコンテナキッチンで豚丼大盛り031
中に入るとかなり広くとっても開放的です♪
海の家や屋台的な雰囲気も感じる店内ですね。


館山ランチコンテナキッチンで豚丼大盛り032
ソフトドリンクやアルコールなどの
ドリンクメニューに
酒のつまみにあいそうなメニューもいっぱい。
こんなユニークな名前のメニューなんかも…
「男前ジョッキ」あります!!
単品800円
(おそらく相当デカいんだろうな~)


館山ランチコンテナキッチンで豚丼大盛り033
アルコールメニューやつまみメニューだけではありません。
しっかりとガッツリとした食事メニューもあります!
豚丼
当店のおススメ
豚丼(タレ味・塩味)
味噌豚丼
味噌汁・小鉢付き


館山ランチコンテナキッチンで豚丼大盛り034
豚丼のサイズは3種類
並盛り:580円
大盛り:780円
メガ盛り:1,000円

※メガ盛りは…ご注意!!
 注意ってくらいだからかなりの量なんでしょうね。
 値段も1,000円の大台だし…。

どれにしようかな…。
店員さんにうかがったら
目安として並盛りは豚肉が3枚ほど、大盛りは豚肉が約5枚
メガ盛りは豚肉が7枚くらいとの事。

(肉の大きさによって枚数は若干かわるかも)

メガ盛りも気になりますが
とりあえず豚丼の大盛りいっときましょうか。
店員さんに、
「豚丼のタレ味で大盛りお願いします!」と
注文を伝えます。


館山ランチコンテナキッチンで豚丼大盛り035
このコンテナキッチン内の
ビニールハウス的な店内には
様々なタイプの椅子やテーブルの席があるので
お好きなところに座って食べることができます。

大盛りサーファーは
ウッドデッキ風な木のテーブルに座って
出来上がりを待ちます。

(店内は大型テレビも設置されていてそれを眺めたりも出来ます)

館山ランチコンテナキッチンで豚丼大盛り036
注文いてから約10分ちょっと
タレ味の豚丼大盛りが運ばれてきました。


館山ランチコンテナキッチンで豚丼大盛り037
豚丼には蓋がかぶせてありますが
その蓋が閉まりきらずに
端から豚肉がはみ出しています♪

(蓋の付いてる豚丼って意外と珍しいかも…)

館山ランチコンテナキッチンで豚丼大盛り038
その蓋を開けてみましょう!
おおっ~!!


館山ランチコンテナキッチンで豚丼大盛り039
塩味ではなくタレ味の豚丼にしましたので
豚肉の表面がタレで艶々といい照り具合です。
豚肉もかなり肉厚で大きいです。


館山ランチコンテナキッチンで豚丼大盛り040
このボリューム!!
いいですね~♪


館山ランチコンテナキッチンで豚丼大盛り041
小鉢が付きますが
これは筑前煮でしょうか。
今までにもいろんな豚丼を食べましたが
小鉢(この日はポテトでなく筑前煮でした)
が付くのは嬉しいです
豪華といいいますか
ちょっと得した気分になりますね。


館山ランチコンテナキッチンで豚丼大盛り042
小鉢以外にも漬物まで付いています♪

館山ランチコンテナキッチンで豚丼大盛り043
味噌汁にもネギなどの具材がいっぱい。

館山ランチコンテナキッチンで豚丼大盛り044
これが「コンテナキッチン」の豚丼の姿!
今まで食べてきた豚丼は
豚丼のみの単品が多かったですが
ここの豚丼は、
まるで豚丼定食みたいな内容ですね♪


館山ランチコンテナキッチンで豚丼大盛り045
それでは!
豚丼のタレ味
大盛りを頂きます!
豚肉が大きいです、
どんぶりの半分くらいかそれ以上の大きさかも。


館山ランチコンテナキッチンで豚丼大盛り046
甘じょっぱいタレが食欲をそそります♪
豚肉を何枚か食べると
ご飯が出現!

しかも、ご飯だけじゃなかった!
ゴマと刻み海苔などもあります。
そこにタレが程良くしみ込んで
豚肉といっしょに食べると
またまた箸が進みますね~♪


館山ランチコンテナキッチンで豚丼大盛り047
バランスよく
お漬物や小鉢の筑前煮もいただきます。


館山ランチコンテナキッチンで豚丼大盛り048
食べ始めて約5~6分
3分の2ほど食べ進んだところですが
大きめな肉がけっこう入ってました。
お店の方が豚丼の大盛りは
目安として
豚肉が5枚ほど入っていると伺ったのですが
5枚以上あったと思う…。


館山ランチコンテナキッチンで豚丼大盛り049
食べ始めて約10分ほど
お味噌汁に小鉢・お漬物も平らげ
「タレ味の豚丼」大盛りを完食!
ごちそうさまでした♪
たいへん美味しくいただきました。


館山ランチコンテナキッチンで豚丼大盛り050
この内容で780円は大満足です!
大盛りサーファー的には
この「コンテナキッチン」
こういう雰囲気は嫌いじゃない
メガ盛りの豚丼も気になるし
他のお店のメニューも食べてみたいですので
また来てみたいな~。


でもなんか海の家みたいな
季節営業的な雰囲気もただよってるけど
夏が過ぎてもやってるかな?

ホームページを見てみると
テナントも募集してるみたいだし
夏が過ぎてもやっていそうですね。

大盛りサーファー
南房総サーフトリップには
この「コンテナキッチン」を追加しておこう。

【館山コンテナキッチン】
館山コンテナキッチンホームページ
■店舗住所:館山市正木622 南房総コンテナキッチン内 地図
■電話番号:0470-27-5750
■営業時間:11:00~
■定休日 :店舗により異なる
2014/08/31

南房総コンテナキッチン館山でランチ海の家・屋台風ビアガーデン施設がオープン

南房総の館山コンテナキッチン001
コンテナの外観が特徴的な施設!
その名も「南房総コンテナキッチン
ちょっと面白そうでユニークなお店を発見です。


南房総の館山コンテナキッチン002
大盛りサーファー
南房総エリアでサーフィン♪


南房総の館山コンテナキッチン003
その際に館山で見かけたお店を紹介します。
千葉のタウン誌「ぐるっと千葉」
「地元だけが知っていたディープすぎる名物グルメ」
という特集でも紹介されていたようです。


南房総の館山コンテナキッチン004
南房総コンテナキッチン
ビアガーデンオープン!
ビアガーデンがオープンしたようですが
ビアガーデンは夏だけの期間限定みたいです。


南房総の館山コンテナキッチン005
ビールやハイボールなどの
アルコール飲み放題プランや宴会コースなんかもあるみたい。


南房総の館山コンテナキッチン006
この「コンテナキッチン」は
ちょっとしたフードコート的な空間でもあり
蕎麦屋やラーメン屋など
何店舗かのお店があります。
今回はこちらでランチにしよう。


コンテナカフェ」では
煎れたてコーヒーと自家製パンが頂けます。
ラーメン ムラクニ」は
マイルドな豚骨醤油スープを極細麺で堪能できるお店。
蕎麦五輪」は定食メニューの他
蕎麦やうどんが頂けるお店。
鏡軒ノ味」は館山の老舗洋食店の味が
20年ぶりに復活したお店。
あげいち」は
目の前で焼き上げる鉄板焼きの焼きそば!
などなど…

南房総の館山コンテナキッチン007
鏡軒ノ味の「パッツーチー」は
ビールのお供に最高らしい♪


南房総の館山コンテナキッチン008
まだ暑い日、残暑が続きそうだから
「館山コンテナキッチン」のビアガーデンで過ごすのも良さそう。


南房総の館山コンテナキッチン009
大盛りサーファーは南房総へは何度か訪れているので
館山バイパスもよく通ります。
その館山バイパス通り沿いに「コンテナキッチン」はあります。
「南房総コンテナキッチン」は
複数のテナントで構成されているフードコートみたいな施設。、
南房総地域の豊かな食材を活かした事業に加え、
店舗経営の夢を応援する事業としてオープンしたようです。


南房総の館山コンテナキッチン010
そのうちの1軒「コンテナキッチン研究所
この「コンテナキッチン研究所」で数々のメニューを開発しており
どんぶりメニューなど、
全7種類が販売されているようです。


南房総の館山コンテナキッチン011
蕎麦五輪」は
本格信州蕎麦に、館山市宮城にある吉田商店の削り節からできる
出汁をあわせ極上の味に仕上げています。
トッピングのかき揚げも、
えび・ちくわ・ウィンナー・野菜・海鮮・紅しょうが・れんこん、
かぼちゃ・のり・桜えびとたくさんの種類から選べるみたいです。

「蕎麦五輪」という店名は
味も値段も金メダル級の蕎麦五輪、
東京オリンピックも応援するというような意味らしいです。!

南房総の館山コンテナキッチン012
鏡軒ノ味」は
創業大正4年、西洋料理の幻の名店「鏡軒」の味を忠実に再現したお店。
当時のシェフの料理指導によって当時そのままの味を
20数年ぶりに復活させたとの事。

その名物料理「パッツーチー」や、当時のレシピそのままのカレーライスなど、
懐かしくどこか優しい味の料理の数々が出迎えてくれます。

南房総の館山コンテナキッチン013
ラーメンムラクニ」は
国産豚を100%使用した豚骨ラーメン店。

この豚の特徴は、餌にこだわっている上質の豚肉で、
黒豚を超えるほどの柔らかさと味の良さらしいです。

南房総の館山コンテナキッチン014
のぼり旗が
たくさんはためいているこの建物は…


南房総の館山コンテナキッチン015
コンテナ脇にビニールハウスの様な
大きなテントハウス作りのスペース…


南房総の館山コンテナキッチン016
中に入ってみたら…!!
けっこう広いスペースですよ♪
ウッドデッキ風なテーブルセットが
なんか海の家というかビアホールのような
異国の屋台のようでもありますね。
なんかいいな~こういう雰囲気。


南房総の館山コンテナキッチン017
いろんな雰囲気の椅子とテーブルがあります。
このテーブル席はちょっとモダンな感じ。


南房総の館山コンテナキッチン018
こちらにはアウトドアというか
ビーチチェア的な椅子と小さなテーブル。


南房総の館山コンテナキッチン019
どっしり重厚感のソファーとテーブルの
落ち着いた空間もあります。


南房総の館山コンテナキッチン020
カフェスペースには
カウンター席もあります。


南房総の館山コンテナキッチン021
赤ちょうちん的というか
おでんの屋台風な席もありますよ!
このビニールハウスみたいな建物は
なんかテーマパーク的な空間ですね。
いろんなタイプの席があって
好みの場所で寛ぎながら飲食ができます。

(これだけ様々なタイプの席があると、どの席に座ろうか迷っちゃいますね♪)

南房総の館山コンテナキッチン022
海の家的な空間に
居酒屋風メニューがいっぱい!


南房総の館山コンテナキッチン023
ソフトドリンク飲み放題:500円
アルコール飲み放題:1,500円
お漬物:200円
ソフトクリーム:250円
パッツーチー(3個入り):240円
唐揚げ(3個入り):240円
フライドポテト:300円
冷奴:200円
館山メンチ:150円
メンチーズ:160円
もろきゅう:200円
日替わり小鉢:200円

なんか館山ご当地グルメ的な
ちょっと気になるメニューもあったりします。


南房総の館山コンテナキッチン024
鉄板焼きそば:780円
ポテト&ナチョス:500円
館山メンチーズ:160円
チキン南蛮:500円
ご飯:200円
サニーレタス:300円
などなど…

※館山メンチーズって、恐らく
 メンチカツにチーズが入ってるとか
 メンチカツとチーズが関係してるメニューだよね。

南房総の館山コンテナキッチン025
おつまみ系のメニューばかりでなく
お食事系・主食系のメニューもあります。


他の店舗のメニューも
このスペースで頂けるようですね。


鏡軒ノ味」のお品書き
カレーライス:500円
ハヤシライス:500円
オムライス:600円
オムカレー:750円
オムハヤシ:750円
ハンバーグ:750円
ハンバーグカレー:850円
ハンバーグハヤシ:850円
ハンバーグ(単品):350円
ライス大盛り:100円

どんぶり」のお品書き
豚丼(タレ味・塩味)
味噌豚丼
並盛り:580円
大盛り:780円
メガ盛り:1,000円
土曜・日曜限定 ナポリタン:600円

南房総の館山コンテナキッチン026
「どんぶり」のお品書き
豚丼(タレ味・塩味)や味噌豚丼が興味をそそります。
サーフィン後でガッツリ頂きたい感じですので。
並盛り580円・大盛り780円・メガ盛り1,000円
どれにしようかな…。


南房総の館山コンテナキッチン027
南房総コンテナキッチンでの
大盛りサーファーの実食レポートはこのあとアップします。
しばしお待ちください。

【南房総コンテナキッチン】
館山コンテナキッチンホームページ
■店舗住所:館山市正木622 南房総コンテナキッチン内 地図
■電話番号:0470-27-5750
■営業時間:11:00~
■定休日 :店舗により異なる
Sponsored Link