喫茶店岬 | 大盛りサーファーのデカ盛り大食い日記
Sponsored Link

2014/10/09

富士山も見える喫茶店岬素晴らしいロケーションでのひととき

音楽と珈琲の店喫茶店岬で自家製バナナアイス029
映画「ふしぎな岬の物語」のポスター
この映画の舞台・ロケ地となった岬にある喫茶店、
サーフィン帰りに寄ってみました。


音楽と珈琲の店喫茶店岬で自家製バナナアイス030
その岬は千葉県安房郡鋸南町にある
明鐘岬(みょうがねみさき)です。
岬の先に広がる海の水平線が丸く見えます。


音楽と珈琲の店喫茶店岬で自家製バナナアイス031
この明鐘岬(みょうがねみさき)を望むロケーションに
今回紹介する喫茶店があります。


音楽と珈琲の店喫茶店岬で自家製バナナアイス032
お店の名前は音楽と珈琲の店「岬」
喫茶店岬…手作り感のある看板
雨風にさらされた色あせ具合に味があります。
この喫茶店の年月を表しているようです。


音楽と珈琲の店喫茶店岬で自家製バナナアイス033
店内の雰囲気は
この前のレポートで紹介したので
今回は割愛させていただきます。
大盛りサーファー
ポスターや写真、雑貨小物などが所狭しと
デコレーションされた店内のカウンター席に着席。
訪れた日は平日でしたが、かなり混んでいました
土日はもっと混んでいるんだろうな。

(最近、テレビや雑誌などでこの映画の告知をたくさん見かけるからね)

音楽と珈琲の店喫茶店岬で自家製バナナアイス034
さて何を注文しようかな…。
メニュー表をチェック。


音楽と珈琲の店喫茶店岬で自家製バナナアイス035
ブレンド:500円
アメリカン:500円
モカ:600円
キリマンジェロ:600円
コロンビア:600円
グァテマラ:600円
マンデリン:600円
ブラジル:600円
ブルーマウンテン:900円
カフェオーレ:600円

音楽と珈琲の店喫茶店岬で自家製バナナアイス036
アイスコーヒー:550円
アイスオーレ:650円
アイスティー:500円
アイスココア:600円
紅茶(アールグレイ):450円

音楽と珈琲の店喫茶店岬で自家製バナナアイス037
アイスミルク:450円
ミルクセーキ:500円
オレンジジュース:450円
バナナジュース:500円
ホットココア:550円
ホットミルク:400円
昆布茶:300円

音楽と珈琲の店喫茶店岬で自家製バナナアイス038
特製バナナアイス:400円
ピザトースト:500円
チーズトースト:450円
ジャムトースト:400円

音楽と珈琲の店喫茶店岬で自家製バナナアイス039
メニューは裏にもありました。
この喫茶店から海に向かって撮影した写真が
背景になっています。


音楽と珈琲の店喫茶店岬で自家製バナナアイス040
ブレンド:500円
アメリカン:500円
モカ:600円
キリマンジェロ:600円
コロンビア:600円
グァテマラ:600円
マンデリン:600円
ブラジル:600円
ブルーマウンテン:900円
カフェオーレ:600円

音楽と珈琲の店喫茶店岬で自家製バナナアイス041
アイスミルク:450円
ミルクセーキ:500円
オレンジジュース:450円
バナナジュース:500円
ホットココア:550円
ホットミルク:400円
昆布茶:300円
…よくみたら裏も表もメニューは同じでしたね。

音楽と珈琲の店喫茶店岬で自家製バナナアイス042
猫が寄り添っている脇にもメニュー表
代表的なメニューが
コーヒー:450円
アイスコーヒー:500円
紅茶:400円
オレンジジュース:400円
ピザトースト:450円
特製バナナアイス:350円
(この猫、訪れた日にはいなかったな~)

音楽と珈琲の店喫茶店岬で自家製バナナアイス043
カウンター席の目の前にあった
デザートのメニュー。
自家製バナナアイス:400円
チョコレートケーキ:450円
マンゴーケーキ:350円


音楽と珈琲の店喫茶店岬で自家製バナナアイス044
大盛りサーファー
自家製の特製バナナアイスを注文。


音楽と珈琲の店喫茶店岬で自家製バナナアイス045
出来上がるまで
このお店の雰囲気も味わいながら
まったりと過ごします。
窓からは海と岬が眺められます。


音楽と珈琲の店喫茶店岬で自家製バナナアイス046
わかるかな?
窓からの景色に富士山が見えます。
水平線のちょうど真ん中あたりの上に見えます。
肉眼だとはっきりと見えましたが
写真にするとちょっと見えにくいかも。


音楽と珈琲の店喫茶店岬で自家製バナナアイス047
注文した「自家製の特製バナナアイス」が
出来上がりました♪
せっかくなので
お店の外にあるベンチ席に移ります。
飲食スペースは店内の他に
テラス席やベンチ席があります。
天気のいい日は気持ちいいと思います。


音楽と珈琲の店喫茶店岬で自家製バナナアイス048
潮風にそよぐすすき…
その先には岬と海と青い空。
天気もいいし、なんかのんびりするな~。


音楽と珈琲の店喫茶店岬で自家製バナナアイス049
それでは
「自家製の特製バナナアイス」をいただきます。
アイスは甘さ控え目でなめらかな口当たり。
いかにもバナナ入れてますっ!って感じはありません。
その控え目な具合が絶妙。
トッピングされてるのはなんだろう?
普通のコーンフレーク(シュガーコーン)かな。


音楽と珈琲の店喫茶店岬で自家製バナナアイス050
食べ進むとエアリーな食感。
エアインチョコみたいな
サクサク・ホクホクする口当たり。
その食感に加えてまろやかなアイスが包み込んでいます。
なかなか美味しい~。


音楽と珈琲の店喫茶店岬で自家製バナナアイス051
このロケーションも感じながら
「自家製の特製バナナアイス」を完食。
ごちそうさまでした♪


音楽と珈琲の店喫茶店岬で自家製バナナアイス052
海の向こうの富士山を眺めながら
しばし過ごします。
これからの季節、だんだんと空気が澄んできて
富士山が見える日も増えてきます。
夏の南房総もいいけど
秋から冬の南房総もオススメです。


音楽と珈琲の店喫茶店岬で自家製バナナアイス053
映画ふしぎな岬の物語」を見てから
この喫茶店に訪れるのも良し
小説虹の岬の喫茶店」を読んでから
訪れるも良し…
喫茶店岬」先にお店を訪れてから
映画や小説を読んでもいいかもね。


音楽と珈琲の店喫茶店岬で自家製バナナアイス054
ちなみに
この映画のポスターをよく見てみると
出演者達の背景にある建物は実物ではなく絵なんです。

昔は三角屋根だったんですけど
今の屋根は三角ではなく平な状態になっています。
以前、火事になってしまい…
後に今のプレハブのような建物で
営業を再開したという経緯があります。


音楽と珈琲の店喫茶店岬で自家製バナナアイス055
映画のプレゼントで数量限定で
この「喫茶店 岬」のオリジナルドリップコーヒー
「岬ブレンド」がもらえるようです。

映画に登場するいろんなシーン。
南房総の景色もたくさんロケ地として出てきそうで
南房総大好きサーファーとしてはとても嬉しい。

【喫茶店 岬】
喫茶店 岬ブログ(店主様のご親族が管理されています)
■店舗住所:千葉県安房郡鋸南町元名1番地 地図
■電話番号:0439-69-2109
■営業時間:10:00~日没頃
■定休日 :基本的に年中無休
2014/10/08

「喫茶店岬」映画「ふしぎな岬の物語」小説「虹の岬の喫茶店」のロケ地となった実在する喫茶店

千葉県明鐘岬の喫茶店岬ふしぎな岬の物語ロケ地001
幻冬舎文庫から出版されている小説
森沢明夫著の「虹の岬の喫茶店
もともとの装丁デザインはこのような感じ。
このお話は実在する喫茶店を舞台にしています。


装丁に描かれている青い建物がその喫茶店、
その喫茶店は南房総エリア鋸南町の明鐘岬(みょうがねみさき)にあります。

千葉県明鐘岬の喫茶店岬ふしぎな岬の物語ロケ地002
映画化も決まり最新版の装丁デザインは
映画の出演者達を取り入れたものとなっています。
この映画、第38回モントリオール世界映画祭で
最高賞のグランプリに次ぐ
「審査員特別賞グランプリ」と「エキュメニカル審査員賞」
2冠を受賞した作品。


千葉県明鐘岬の喫茶店岬ふしぎな岬の物語ロケ地003
大盛りサーファー
サーフィンなどで館山や南房総エリアを訪れる際に
この小説の舞台となっている岬の脇をよく通り
場所も知っていましたがまだレポートはしておりませんでした。
今回はサーフィンの帰りに
この小説、映画のロケ地となった喫茶店に寄ってみましたので
紹介したいと思います。


首都圏から千葉経由で館山自動車道または国道16号線を南下し
途中から国道127号線を進みます。
東京湾フェリー乗り場のある「浜金谷」や
山頂展望台(地獄のぞき)や百尺観音で有名な「鋸山」の
鋸山ロープウェイ乗り場を過ぎて…


千葉県明鐘岬の喫茶店岬ふしぎな岬の物語ロケ地004
鋸山が左手に、右手に海が見える
国道127号線を館山方面へちょっと進むと
トンネルをいくつか通るのですが
その1つ目のトンネルの直前右側に
目的地に通じる入口があります。

(うっかりすると通り過ぎてしまいます!)

走行中、前後に車がいたらその流れにつられて
その入口に気付かず
右に曲がり損ねてしばらく直進する羽目になりかねません…。


千葉県明鐘岬の喫茶店岬ふしぎな岬の物語ロケ地005
近づいて良く見れば
この様に喫茶店の案内看板があるのですが
初めて車で訪れる際はまず気付かないでしょう。


千葉県明鐘岬の喫茶店岬ふしぎな岬の物語ロケ地006
館山方面から向かう場合は
もっと難易度が上がると思います。
館山から国道127号線を北上し
岩井・鋸南・保田を通り
保田を過ぎると幾つかトンネルを通過するのですが…


千葉県明鐘岬の喫茶店岬ふしぎな岬の物語ロケ地007
その最後のトンネルを出たすぐ直後に
左に曲がる細い道への入口があるんです。

トンネルを出ると
そこは富津市と鋸南町の境目です。
富津市の道路標識の下に
喫茶店の看板もあるんですけど
まあ、初めて訪れる時は気付かないでしょうね。

最後のトンネルを出た直後なので
左にある入口に気付かなかったり
気付いても、既に通過してしまったり、
走行中、前後に車が居たりすると
これまた、その流れにつられて
通り過ぎてしまう事になります…。
ゆっくり走行できればいいんですけど
このあたり皆スピードがけっこう出てるからね。
曲がる際は注意が必要です。


千葉県明鐘岬の喫茶店岬ふしぎな岬の物語ロケ地008
首都圏・千葉市方面からでも
館山方面からでも
無事に入口に曲がれたらもう大丈夫♪
海の方に向かってのびる道を進むと…


千葉県明鐘岬の喫茶店岬ふしぎな岬の物語ロケ地009
手作り感満載の看板がお出迎え♪
音楽と珈琲の店 岬
ほっとしますね。
この看板の先に広い空き地がありますので
そこに車を駐車する事ができます。


千葉県明鐘岬の喫茶店岬ふしぎな岬の物語ロケ地010
その先に続くじゃり道…。
なんか見えてきました♪


千葉県明鐘岬の喫茶店岬ふしぎな岬の物語ロケ地011
映画のロケ地である「喫茶店岬」に到着!
お疲れさまです。
ここが映画「ふしぎな岬の物語
そして、小説「虹の岬の喫茶店」の
ロケ地になった実在する喫茶店です。


千葉県明鐘岬の喫茶店岬ふしぎな岬の物語ロケ地012
こちらにも手作り感いっぱいの
ベンチや椅子が並べられてあります。


千葉県明鐘岬の喫茶店岬ふしぎな岬の物語ロケ地013
喫茶店の目の前には海!
雄大なロケーションです。


千葉県明鐘岬の喫茶店岬ふしぎな岬の物語ロケ地014
海を見下ろすと、そこには海に伸びる岩場
ここが「明鐘岬」です。
明鐘岬は(みょうがねみさき)って読みます。
今日は天気が良くて最高!


千葉県明鐘岬の喫茶店岬ふしぎな岬の物語ロケ地015
こちらのプレハブっぽい
青い建物が喫茶店の母屋です。


千葉県明鐘岬の喫茶店岬ふしぎな岬の物語ロケ地016
お店の名前は「岬カフェ
音楽と珈琲の店」さんです。
こういう手作り的な感じがなんかいいな~。


千葉県明鐘岬の喫茶店岬ふしぎな岬の物語ロケ地017
お店の入口わきにある
メニュー看板。


千葉県明鐘岬の喫茶店岬ふしぎな岬の物語ロケ地018
ちなみに
こちらにある白い小洒落た建物はトイレです。


千葉県明鐘岬の喫茶店岬ふしぎな岬の物語ロケ地019
それでは喫茶店「岬」さんに入ってみましょう。
入口の扉をあけ中に入ると凄い賑やか。


千葉県明鐘岬の喫茶店岬ふしぎな岬の物語ロケ地020
何が賑やかって入口ドアや壁などに
映画のポスターなどが貼られまくっています。


千葉県明鐘岬の喫茶店岬ふしぎな岬の物語ロケ地021
お店の方に「写真撮影してもいいですか?」と
伺ったら快く了承いただきました。

(他のお客さん達も写真を撮影してました…)

訪れた日は平日にもかかわらず凄い混んでました!
他のお客さんの顔が映らないように店内を撮影。
店内の壁やテーブル、カウンターには
写真やポスター、小物・雑貨類があふれています。


千葉県明鐘岬の喫茶店岬ふしぎな岬の物語ロケ地022
壁のポスター・写真・色紙など…
お店の方と女優・吉永小百合さんが
一緒に映ってる写真もあります。


千葉県明鐘岬の喫茶店岬ふしぎな岬の物語ロケ地023
新聞や雑誌に紹介された記事もいっぱい貼られています。
猫の写真もあり
時どき猫がお店に訪れるみたいですけど、
この日はいなかったな~
混んでると落ち着かないから居ないのかな。


千葉県明鐘岬の喫茶店岬ふしぎな岬の物語ロケ地024
天井付近の壁には数々の写真が
額に入れられ飾られています。


千葉県明鐘岬の喫茶店岬ふしぎな岬の物語ロケ地025
映画の出演者「笑福亭鶴瓶」さん「井浦新」さんと
お店の店主「節子ママ」のツーショット。


千葉県明鐘岬の喫茶店岬ふしぎな岬の物語ロケ地026
「吉永小百合」さんとのツーショットと
「阿部 寛」さんとのツーショット。


千葉県明鐘岬の喫茶店岬ふしぎな岬の物語ロケ地027
「阿部 寛」さんとのツーショットのアップ。
阿部 寛さん、しぶいですね。男前ですよね。


千葉県明鐘岬の喫茶店岬ふしぎな岬の物語ロケ地028
映画「ふしぎな岬の物語」の
出演者やスタッフ・関係者達の集合写真。


左には明鐘岬にかかる虹の写真!
ちょうどこの場所!
岬から虹が伸びてる素敵な写真です。

(だから原作のタイトルは、虹の岬の喫茶店なんですね)

今回はお店への行き方や雰囲気を紹介しましたが
このあと実食レポートをアップします。
しばしお待ちください。

※店内は狭いですので
 混雑時はテラス席や表のベンチ席で過ごすのもオススメです。
 もしテラス席やベンチ席も埋まっていたら、
 空くまで明鐘岬の景色を眺めて過ごすのも悪くないと思います。

【喫茶店 岬】
喫茶店 岬ブログ(店主様のご親族が管理されています)
■店舗住所:千葉県安房郡鋸南町元名1番地 地図
■電話番号:0439-69-2109
■営業時間:10:00~日没頃
■定休日 :基本的に年中無休
Sponsored Link