函館の谷地頭停留所から徒歩15分!下北半島まで見渡せる立待岬
Sponsored Link

2013/10/04

函館の谷地頭停留所から徒歩15分!下北半島まで見渡せる立待岬

函館観光谷地頭停留所住吉町の立待岬001
朝市食堂ニ番館
ワンコイン500円丼と
新鮮な活イカ刺しを食べて


函館観光谷地頭停留所住吉町の立待岬002
ちょっと穴場的な寿司屋
シゲちゃんすし」で
これまた500円の
握り寿司ランチ「寿司盛り」を
いただきまして。


函館観光谷地頭停留所住吉町の立待岬003
更にその帰りの途中で
ふらっと入ったたい焼き屋さん
屯珍館/とんちんかん」で
自分好みのたい焼きに出会い…


函館観光谷地頭停留所住吉町の立待岬004
せっかく訪れたので
ちょっと函館観光もしようかなって事で
市電に乗ってやって来た
終点の停留所。


函館観光谷地頭停留所住吉町の立待岬005
停留所の名前は「谷地頭
"やちがしら"って読みます。


函館観光谷地頭停留所住吉町の立待岬006
谷地頭停留所で市電を降りたら
山側の方に歩いていきます。
前に見える山の左側の先端部分まで
歩いていきます。
歩くと15分~20分くらいあります。


函館観光谷地頭停留所住吉町の立待岬007
電柱の案内看板。
立待岬まで0.8km
そんなに距離は無いけど
ずっと登り坂なので
ちょっとしんどいかも。
(途中に啄木一族のお墓もあります)


函館観光谷地頭停留所住吉町の立待岬008
停留所から
たらたらと歩くこと約20分。
ようやく「立待岬」に着きました!


函館観光谷地頭停留所住吉町の立待岬009
立待岬(たちまちみさき)の石碑の向う側に
うっすらと見えるのが
青森県の下北半島でしょうか?


函館観光谷地頭停留所住吉町の立待岬010
立待岬の立て看板
書いてある内容は
この地名は、
アイヌ語のヨコウシ

(待ち伏せをするところ、ここで魚を獲ろうと立って待つという意味らしい)

函館観光谷地頭停留所住吉町の立待岬011
立待岬から
津軽海峡を見渡す…。
水平線が丸くなってるのがわかります。


函館観光谷地頭停留所住吉町の立待岬012
水平線の向うに
うっすらと陸地が見えます。
あれが下北半島でしょう。


函館観光谷地頭停留所住吉町の立待岬013
立待岬の立て看板あたりから
下を覗くとこんな景色。
岬から断崖絶壁がず~っと続いています。


函館観光谷地頭停留所住吉町の立待岬014
その断崖絶壁から
そびえる山全体が
函館山に繋がっています。


函館観光谷地頭停留所住吉町の立待岬015
立待岬の先端から
ちょっと離れた場所からの眺め。
遠くに見える市街地は
函館市内です。


函館観光谷地頭停留所住吉町の立待岬016
その景色から
右に少しずつパーンしていくと…
遠くに見えるのは
亀田半島の先端部。
その向こうに恵山があるんでしょうね。


函館観光谷地頭停留所住吉町の立待岬017
更に右にパーンしていくと
右端に見えてきたのは
おそらく下北半島。


函館観光谷地頭停留所住吉町の立待岬018
さらに右にパーンすると
立待岬の展望台。
その向こうには下北半島が見えます。
その先端はマグロで有名な大間町。

さて、
立待岬の景観も堪能し
そろそろお腹も空いてきたので
戻りましょうか。
帰りは下り坂なので
いくらか気分は楽です。


函館観光谷地頭停留所住吉町の立待岬019
市電の停留所
谷地頭」から…

今度はどこに行こうかな♪

【立待岬/たちまちみさき】
■所在地:北海道函館市住吉町 立待岬 地図
■アクセス:市電谷地頭停留所から徒歩約15分
関連記事
Sponsored Link
コメント
非公開コメント